【眼精疲労.com】〜他の病気が原因〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ganseihi6★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは眼精疲労の原因について、他の病気が原因となる場合を詳しく説明しています。

眼精疲労が目以外の病気の症状として現れることもあります。糖尿病や高血圧、バセドウ病や自律神経失調症、更年期障害などが挙げられます。

糖尿病
血液中のブドウ糖の数値が上昇し血糖値が上がった状態で、神経細胞がブドウ糖にさらされ神経に異常をきたし、様々な諸症状を起こすものです。

高血圧
普段から血圧が高い状態、すなわち血管に高い圧力がかかっている状態です。

バセドウ病
甲状腺の働きが異常に活発になり、全身の代謝が良くなりすぎることによってエネルギー消費量が激しく常に体が興奮した様な状態で、これにより様々な全身の症状が見られます。

自律神経失調症
交感神経と副交感神経という二つの自律神経のバランスが崩れたことで引き起こされる様々な疾患を総称して言います。自律神経は全身の器官を制御している為、バランスが崩れると全身の機能に支障を来たして、様々な症状が出ます。

更年期障害
女性の更年期(50歳頃)に起こる、自律神経失調症と精神症状が相互に影響し合って起こるもので、主にホルモンバランスの崩れによって様々な症状を来たします。


⇒ 眼に原因がある

⇒ 加齢が原因

⇒ 生活環境が原因


sponsored link



copyright©2014  【眼精疲労.com】〜症状・解消・マッサージ〜  All Rights Reserved