【眼精疲労.com】〜加齢が原因〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ganseihi6★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは眼精疲労の原因について、加齢が原因の場合を詳しく説明しています。

人間の体はよほど日頃から鍛錬を積んでいない限り、加齢とともに筋力は低下していきます。目が正常に見えるのも眼に関係する筋肉が関係していますから、加齢とともに目に関係する筋肉も衰え視力は低下していく傾向にあります。眼精疲労が40〜60代の中高年の年代の方に多く見られるのも、加齢による筋力と視力の低下が背景にあると言えるでしょう。
加齢に伴う視力の低下、いわゆる老眼は遅かれ早かれ誰にでも起こります。一般に近視の人よりも遠視の人の方が老眼になるのが早いです。

他にも加齢に伴う目の変化と言えば、緑内障と白内障が挙げられます。
緑内障とは、眼球から脳へと繋がる視神経に圧迫を受けることで、目から入った情報を正確に脳へ伝達出来ずに視野が狭くなるなどの症状が起こる病気です。
白内障とは、角膜、水晶体を通った光が網膜面で結像したもので、水晶体(レンズ)が濁る病気です。
これらの加齢に伴う目の病変によって眼精疲労が起こりやすくなりますので、この年齢に近くなってきた方は特に注意しましょう。


⇒ 眼に原因がある

⇒ 生活環境が原因

⇒ 他の病気が原因


sponsored link



copyright©2014  【眼精疲労.com】〜症状・解消・マッサージ〜  All Rights Reserved