【眼精疲労.com】〜目の構造〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ganseihi6★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは目の構造について、詳しく説明しています。

目はボールのような真ん丸い球の形をしています。目を、めだま・眼球(視覚の入り口)などというのはこのためです。私たちの目は、カメラのような構造でできているため、さまざまな物の色・形・光を情報として取り入れています。目の働きをカメラに例えると、レンズの役割を果たすのが水晶体です。目はこの水晶体の厚みをいろいろと変えて、近くの物・遠くの物にピントを合わせることができます。またフィルムの役割を果たすのが網膜(黄班)です。この網膜は、光・色・形を感じ取ると、神経を通り脳に伝えます。ここで初めて物が見えるという感覚がおこるのです。

また目の構造には、前眼部・後眼部と分かれます。この前眼部・後眼部の部位名、役割を少し説明していきます。

目の構造(前眼部)
[角膜]
眼球のもっとも外側にある透明な膜で、光を眼球内に取りいれ、レンズと同じように光を屈折させる働きをします。
[結膜]
白目の表面とまぶたの内側を覆っている薄い膜です。
[水晶体]
カメラのレンズにあたる部分で、遠くの物・近くの物を見るためにピント合わせをしています。
[虹彩と瞳孔]
黒目と呼ばれる周辺部分が虹彩です。中央に穴があいている部分を瞳孔といいます。虹彩は瞳孔を通って目の中に入る光の量を調節しています。
[毛様体]
ピント合わせをする水晶体の厚みを調節する筋肉です。
[強膜]
眼球の白目の部分です。

目の構造(後眼部)
[網膜]
眼球の内壁です。この部分で像のピントが合い、微妙な色具合・明暗を識別しています。
[黄班]
焦点が結ばれる部分を黄班と呼びます。網膜のほぼ中心にあり、物を見るための重要な視細胞が集中しています。
[視神経]
光のエネルギーを脳に伝達させる部分です。
[硝子体]
眼球の大部分を占め、無色透明の寒天状をしています。


sponsored link



copyright©2014  【眼精疲労.com】〜症状・解消・マッサージ〜  All Rights Reserved