【眼精疲労.com】〜眼に原因がある〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ganseihi6★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは眼精疲労の原因について、眼に原因がある場合を詳しく説明しています。

眼精疲労の原因の中でも最も多いのは、眼に原因がある場合です。
近視や遠視、乱視などのいわゆる眼の屈折異常が、眼精疲労の主な原因となります。これらはすべて対象物が見えにくい状態ですので、ピントを調節しようと水晶体の厚みを調節する毛様体と言う筋肉に大きな負担をかけてしまいます。左右の眼の視力の差も、片方の視力の補正の為に眼が疲れることになります。
また視力の低下が悪化すると、目を細めたり首を前に付き出したりして、目だけでなく首や肩にも余計に負担をかけてしまいます。
この中でも日本人では近視が多いですが、眼精疲労が起こりやすいのは遠視や乱視です。遠視や乱視の場合は遠い所でも近い所でも眼がピントを合わせようと常に働いている状態ですが、近視の場合は近い所は見えやすいので、近視よりも遠視や乱視の方が眼精疲労を起こしやすくなってしまいます。
そしてそれらの視力補正の為に付けているメガネやコンタクトが自分に合っていない場合も、眼に大きな負担をかけるため眼精疲労に繋がります。

また他にも眼精疲労を起こす目の病気はあります。眼球の表面(角膜や結膜)が乾きやすい状態になるドライアイ、両目の視線が一致せずに左右別々の方角を向いてしまう状態の斜視、普段は両眼で見れても、片眼を手で隠すと眼の位置がずれる状態の斜位、他にも結膜炎や角膜炎、緑内障や白内障など様々な目の病気が眼精疲労の原因となることがあります。


⇒ 加齢が原因

⇒ 生活環境が原因

⇒ 他の病気が原因


sponsored link



copyright©2014  【眼精疲労.com】〜症状・解消・マッサージ〜  All Rights Reserved