【眼精疲労.com】〜生活環境が原因〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ganseihi6★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは眼精疲労の原因について、原因が生活環境にある場合を詳しく説明しています。

目が疲れるような目を酷使する仕事、特にパソコンの画面を長時間見続けるようなデスクワークなどはその最たる例です。仕事以外でもプライベートで携帯電話、スマートフォンを多用している方も注意が必要です。
パソコンやスマホの画面を見る時はテレビの画面のように眺めているだけでなく、画面の中の文字やイラストを注視し探したり、また入力した文字を確認したりなど特に目を酷使してしまいます。こういったコンピューターのディスプレイを使用した作業を専門用語でVDT(Visual Display Terminal)作業と呼び、これに付随する体の異常をVDT症候群と呼びます。
近年パソコンだけでなくスマホやタブレットの普及により、VDT症候群の方が増加していることが懸念されています。対策として、連続する作業時間が1時間を超えないようにすることや、次の連続作業までの間に最低でも10分〜15分程度の小休止を1回以上を設けるなどが求められています。

またこういったVDT作業を行う際に適した環境を整えることも重要です。画面の明るさと周囲の明るさに極端な差があると、目に大きく負担をかけてしまいます。照明などにも注意することが重要となります。


⇒ 眼に原因がある

⇒ 加齢が原因

⇒ 他の病気が原因


sponsored link



copyright©2014  【眼精疲労.com】〜症状・解消・マッサージ〜  All Rights Reserved