【眼精疲労.com】〜目の体操で解消〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ganseihi6★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは眼精疲労の対策について、目の体操による解消法をご紹介しています。

眼精疲労は目に関係する筋肉が緊張して硬直した状態です。スポーツなど運動をした後に、クールダウンの意味でも体操やストレッチを行う必要があるのは知られていますが、目も同じくクールダウンをするべきです。従って、目の体操やストレッチで筋肉の緊張を和らげほぐしてあげるのが良いです。具体的にどんなことを行うのか以下に挙げていきます。

眼球を回す体操
眼球を回す体操です。時計回りで右上、右、右下、下、左下、左、左上、上、と順序良く見つめます。各方向は3秒ほど見つめて、一方向につきまばたきを1回するようにします。この手順を時計回り、逆回転の反時計回りを合わせて1分ほどかけて行いましょう。最後にクルクルと回転させるように眼球を回し、時計回り2回と反時計回り2回ほど回して終了です。あまり力を入れすぎると逆に疲れてしまいますから、リラックスした状態で行うようにして下さい。

まぶたを開閉する体操
まばたきをする体操です。まぶたをギュッと閉じて5秒ほどグッと力を入れます。そしてまぶたを開くときは一気にパッと開きます。これを5回程繰り返します。まぶたを素早くパチパチさせる動きを取り入れるのも良いでしょう。

ピントを合わせる体操
ほとんどの場合、目が疲れる原因は近くの物を凝視することです。距離が近いものを見続けることで、目は近いものにピントを合わせた状態で固定されてきます。従って遠くのものを見る時間を作って、目をリフレッシュさせる必要があります。焦点を遠い位置(出来れば窓から映る景色の中で、見え難いと感じない程度の遠さにある木がベスト)に定め、20〜30秒ほど見つめましょう。視力の低下も防げるため、1日に1回は行いたいものです。


⇒ ツボ押し解消法

⇒ マッサージで解消


sponsored link



copyright©2014  【眼精疲労.com】〜症状・解消・マッサージ〜  All Rights Reserved